MEMBER BLOG

  • ビートルズの演奏力

    IMG_5751

     

    ジョンレモンです。

     

    「ビートルズは演奏が下手。」というイメージ。。。

     

    よく、聞きます。

     

    これは、特に日本人が思っているイメージで、きっかけは、「武道館コンサート」のテレビ放送がきっかけでしょう。

    あれを生で見た方は特に、「下手」というイメージを持っているようですね。

     

    まぁ、その当時のビートルズはライブには力を入れず、スタジオミュージシャンとしてレコーディングに励んでいたんですね。

    あと、ビートルズも「誰も演奏を聴いてない。」と言ってたように、適当にやっていたようです。

     

    武道館コンサートって、アルバム「リボルバー」をレコーディングした後にやったライブなんですよねー。。

    「タックスマン」とか、「ドクターロバート」とかをレコーディングした後のライブですよ!!

    あれやったら、リボルバーの曲やって欲しかったですね。

    武道館コンサートでやった、「デイトリッパ―」とか「ノーウェアマン」とか、ほとんどの人は知らなかったみたいですけど。。

    アルバム「ラバーソウル」は出てたのかなぁ??

    みんな、イメージは、「抱きしめたい」「シ―ラヴズユー」だったみたいですね。

     

    この画像見てくださいw 多分、この曲やるだろうリストw

    img_7

    ラブ・ミー・ド―ww 他、全然やってないという。。w

     

    話は戻しますが、ビートルズは演奏下手ではないですよ!

     

    確かに、武道館コンサートでは、ガチャガチャでしたが。。。。

     

     

    これ、1965年のライブ映像です。

     

    どうですか??下手じゃないでしょ??

     

    最後に、、、7月2日の武道館コンサートが見たい!!ジョンがサングラスかけて演奏してるんですよねー。。。

     

    IMG_5752

     

    うーん。。7月2日の映像らしいのですが、ジョンが写ってない。。。

     

    というオチ。

  • THE BEATLES

    the beatleswhitealbum

     

    こんばんわ。ジョンレモンです。

     

    たまにはビートルズというバンドについて語ってみようかなーと。。

     

    THE BEATLES(ザ・ビートルズ)!!

     

    僕の、音楽の原点です。

     

    最初に聞いたのは、小学校5年生だったかな、、This Boy のイントロのギターに感動して、ギターを始めたんですw

     

    今考えると馬鹿な話ですが、最初のDの音、押さえられないので、オープンDのチューニングにしてました!w

    何度も聞きながら、一弦一弦をチューニングしてww

     

    懐かしい思い出です。

     

    それから、洋楽ドップリで、小学校のころからかなり浮いていましたねー。みんな、「とんねるず」とか、聞いている頃、

    僕は一人で、ホワイトアルバムを聴いていたという。。あ、ホワイトアルバムは、初めて買ったビートルズのアルバムで、

    「THE BEATLES」って書いてあったので、それにしてしまったんですね。大好きだった THIS BOY なんか入ってないたらありゃしねー!

     

    最初に聞いたアルバムが、ホワイトアルバムなんて、今思えば凄いですよね。

    他のアルバム買うお金なんか無かったですしね。ホワイトアルバムは、たしか、お年玉で買ったかなー??

     

    で、中学になって、音楽友達もできて、友達の家で聞いた、初めてのリボルバーは衝撃的でした。

    「あ、ビートルズって、こんな曲もするんだ!!」

    ビートルズ=ホワイトアルバム だった僕には衝撃でしたねー。

     

    それから、楽器を盗んで(w)、バンドをやって。。。コーラスなんか分からず、メンバー3人で一緒のパートを歌ってましたw

     

    最初にスタジオでやった曲が、「She Said She Said」。。。もう、キ○ガイ中学生ですよ。。。

     

    そこから、ハードロックに流れて、最後はデスメタルまで行って、気付くとまたビートルズに戻っているという。。。

     

    この感じ、、、分かります??

     

    クラシックミュージックみたいな感じなビートルズバンドをよく見るんですが、ジャンルで言えば、「パンク」なんですよね。

    誰もやらなかった、やれなかった事をやったという。

     

    まぁ、いつもステージ上で言っているんですが、車の中や、音が出せる環境で、ビートルズをボリュームいっぱいで聞いてみてください。

    そこには、バラードやクラシックなんかは無いはずです。

     

     

    ビートルズは、BGMではありませんよ!! ROCKですよ!!

     

    日本人で一番ビートルズに近い人間は、内田裕也でしょう!

     

    べサメムーチョ!!

     

  • こんばんわ。

    早いもので、5月も終わろうとしております。

    今年ももう半分です。

     

    私達のLIVEは月に1回こっきり。

    先々は回数を増やしていけたら良いですが、

    まずは是非是非観に来ていただきたいものです。

     

    少しバンドの紹介をしますと、

    私達のバンドはいわゆるその辺のビートルズバンドと少し違います。

    …いや、全然違うかも。(苦笑)

     

    楽器も借り物ですし、

    衣装と言ってもTシャツを揃える程度なもの。

    とどめにサングラスですもん。

     

    容姿だけ見れば「ビートルズらしさ」は微塵もありません。

    そういうのを期待して来た方はさぞかしがっかりされる事でしょう。

     

    まぁ、私達がそういうところを求めてなかったりするんですよね。

    違うとこに重きを置いていると言いますか…

     

    私はイマイチ伝え下手なので、

    やっぱりLIVEを観ていただきたいと思います。

    その方が話が早い。

     

    ガツーンとやってます。

    もうガツーンと。(笑)

    1回1回、ヘトヘトになりながらやってます。

     

    そのくらい必死でLIVEしている我々。

    課題も山積ですが、1つずつクリアしていきたいですね。

    その成長をも見所にしちゃおう。

     

    てな具合でどうです?(笑)

     

     

  • キャバーンビーツのレパートリー

    Beatles-Covers

     

    今日は、現在のキャバーンビーツのレパートリー紹介です。

    キャバーンビーツは、最近まで、マージービーツという名前で活動していました。

     

    結成は、2000年なので、なんと、14年もやってるんですねー。。。

    ただ、ここ5年位は1年に1回くらいのライブ活動でした。。

     

    で、ここに来て、ライブハウス【キャバーンビート】さんから声が掛かって、バンド名を【キャバーンビーツ】に変えたというお話です。

     

    ライブも増えて、レパートリーもだいぶん増えたのですが、、14年で30曲。。。という。。。

     

    ■2014年5月現在のレパートリー(アルファベット順)

     

    A Hard Day’s Night

    All My Loving

    And Your Bird Can Sing

    Baby’s In Black

    Bad Boy

    Boys

    Can’t Buy Me Love

    Cry For A Shadow

    Day Tripper

    Dizzy Miss Lizzy

    Doctor Robert

    Drive My Car

    Flying

    Help!

    I Feel Fine

    I Saw Her Standing There

    I Wanna Be Your Man

    I Want To Hold Your Hand

    I’m Down

    I’m Happy Just To Dance With You

    I’m Only Sleeping

    If I Needed Someone

    Kansas City/Hey-Hey-Hey-Hey!

    Long Tall Sally

    Money (That’s What I Want)

    Nowhere Man

    Paperback Writer

    Please Please Me

    Rain

    Rock And Roll Music

    Roll Over Beethoven

    She Loves You

    She Said She Said

    Slow Down

    Taxman

    Think For Yourself

    This Boy

    Ticket To Ride

    Twist And Shout

     

    よく数えてみると、39曲あるみたいですが。。。

    自信が無い曲も入れているので、30曲ということでw

     

    リクエストあれば、お伝えください!! いつかやりますw

     

     

     

  • Doctor Robert:ドクターロバート

    rev

     

    どうも!!ジョンレモンです。

     

    先日のライブで、Doctor Robert:ドクターロバート を演ってきました!!

     

     

    ちょっとスピード、、早いかな。。。。

     

    お客さんに「初めてドクターロバートをやっているバンドを見た!」と言われました!

     

    まぁ、僕らも初めて演奏したのですが、カッコイイ曲ですね。

     

    曲名である【ドクター・ロバート】とは、
    ロバート・フライマン(Robert Freymann)というニューヨークに実在した”スピード・ドクター”(アンフェタミンやLSDなどを大量に処方してくれる医師のこと)と呼ばれる医師で、アンディー・ウォーホルなどニューヨークのアーティストの間では評判だった人らしいです。
    要はドラッグの売人ですねw 医師なんですけど。。(医師免許は剥奪されていますww)

     

    で、歌詞に、もちろん「ドクター・ロバート」というところがあるんですが、ところどころ、「ボブ・ロバート」って聞こえるところがあるんです。。

    「ドクター」が短くなって、「ボブ」に聞こえるのか、、、どうなのか??

     

    何かで読んだ記憶があるんですが、その当時、カリフォルニアのボブ・?? という、ドラッグを回す医師がいて、それに掛けたとか。。。

     

    誰か知ってますかー??

     

    原曲聞いてみてください。※ボーカルが聞き取りやすいバージョンです。

     

     

    P.S. ちなみにキャバーンビーツでは、「ボブ・ロバート」って歌っていますw

     

     

SOCIAL NETWORK

SUPPORTED BY

FRIENDS

UP