MEMBER BLOG

  • ジョン・レノンのギター(GIBSON J-160E)が約3億円で落札!の巻。

    いきなり人気が出て戸惑いモードのキャバーンビーツ、五郎丸歩です。

     

    johnlennon-j-160e (4)

     

    ちょっと前のニュースですが、ジョン・レノンがジョージ・ハリスンが、1963年にリバプールのラシュワース楽器店で購入し、その後、盗難(置き忘れ??)されてしまった 初代GIBSON J-160E がアメリカ・ビバリーヒルズでのオークションにかけられ、なんと、、約3億円で落札されたみたいです!

     

    この、 GIBSON J-160E、噂では、EMIの契約金で買ったという、ザ・ビートルズの景気付けのようなギターなんですね。初期のレコーディングでも多用され、映像では、「This Boy」や、「I Want To Hold your Hand」等で見ることができます。

    このGIBSON J-160Eというギター、形は、アコースティックギターですが、エレキギターのピックアップが付いていて、初代エレアコとも言えるギターです。音はこのギターしか出ない!というような独特な音で、私も以前持っていましたが、「アイ・フィール・ファイン」の最初のフィードバックに使っただけですww アンプにつないで5弦をフィードバックさせると、「ドンズバ」な音が出ますよー。持っている方はお試しあれ。

     

    正直、かなり使いにくいギターなんですが、ジョンレノンはかなりのお気に入りだったようで、盗難された後、すぐに新しいGIBSON J-160E (1964年型)を購入しています。

     

    そしてそして、、、、、今回落札された、GIBSON J-160E (1962年型)は、こちら。

     

    johnlennon-j-160e (2)

    johnlennon-j-160e (6)

    johnlennon-j-160e (7)

     

    ジョン・レノンの力強いピッキングで付いた傷の位置も一緒。。。。。。。。。

     

    johnlennon-j-160e (1)

     

    まぁ、鑑定士が鑑定しているので、本物であることは間違いないでしょう!!

     

    「紛失していたジョン・レノンのギター、約3億円で落札」という、BBSのニュース(外部リンク)です。

     

    「BEATLES GEAR」の著者、アンディ・バビアックが鑑定人だったんですねー!尚更、本物であることは間違い無しです!
    このGIBSON J-160E、、、持っていたのはジョン・マコーさんというアマチュアミュージシャン。

     

    1960年代後半に中古楽器屋で、275ドルで購入したということです。。。

     

    275ドル。現在の金額感は、40万円といったところでしょうか。 って、当時は中古でも結構な金額したんですね。当時に生まれ変わったとしても、買えなかったか。。。チェッ!

     

    最近になって、ビートルズの写真を見て、「これは!!??」と思い、鑑定士に出してみた。というお話です。

     

    この超ラッキーな出品者、ジョン・マコーさんは、落札金額の半分を、ジョン・レノンとオノ・ヨーコが設立したチャリティー団体「Spirit Foundation」に寄付するんですって。素晴らしい!!!!でも、1億5000万円は残るのかぁ。。。ww

     

    今回の落札金額、241万ドル(約3億円)っていうのは、ロック史上最高値なんですって!さすがはジョンレノン!!!ちなみに、記録を塗り替えられたのは、2013年に落札された、ボブ・ディランのギター(1965年Newport Folk Festivalで使用したフェンダー・ストラトキャスター)で、96万5,000ドル(当時約1億円)だったそうです。3倍。。。記録を破る可能性としたら、ポール・マッカートニーのアレしかないでしょうね。。。。

     

    hofner_paulmccartny

     

     

    ということで、明日は、RICKY & THE MICHELLE(リッキー&ザ・ミッシェル)のオープニングアクトです!!がんばりまーす!!

     

    バーン!!!!!!

     

     

  • 若きビートルズバンド紹介

    ご無沙汰しております。映画のセットが火事になってしまった、キャバーンビーツのトム・クルーズです。

     

    本日は、わがホーム、キャバーンビートで活躍する若きビートルズバンド紹介です。

     

    ■ABee’s(エイビーズ)

     

    abees

     

     

    このバンドは、筑豊のビートルズこと、ザ・フライングエレファンツのDNAを受け継ぐビートルズバンドです。

    というのも、ジョン役の安部君と、リンゴ役の手島君は、ザ・フライングエレファンツの息子さんなのです!!

     

    ジョージ役の和哉くんと、ポール役の直樹くんは、なんと20歳という若さ!!

     

    女性ボーカルのともちゃん先生もいるので、ビートルズだけではなく、カーペンターズの曲も演奏しますよ!!

     

    ABee’s(エイビーズ)は、毎月第1土曜日にキャバーンビートに出演しています。

     

     

    ■CRESCENDO FOUR(クレッシェンド・フォー)

     

    about_band_c4

     

     

    最近、結成されたビートルズバンドです。ジョン役の岡藤君がリーダーで、キャバーンビーツのケンタロウがドラマーを務めています。

     

    ジョン役の岡藤君は、幼少の頃からジョンレノン道の英才教育を受けたベテランの実力者。

     

    ポール役のコーイチくんは、グランドレボリューションのベースも弾いているんです。ジョージ役のコータロー君はまだジョージのギターに不慣れな感じですが、放っておいてもうまくなるでしょうww

     

    まだ結成したばかりなので、セットリストは少ないですが、これから有名なビートルズバンドになることは間違いなし!!

     

    CRESCENDO FOUR(クレッシェンド・フォー)は、毎月第3金曜日にキャバーンビートで出演するようです。

     

     

    >>キャバーンビートのイベントスケジュールは、こちら。

     

    僕もビートルズバンドを始めたのは、20代前半でしたが、いつの間にかに40歳。。。。ジョンレノンより長生きしてしまいました。。。

     

    これから、若いバンドが伸びていくのが楽しみです。

     

    そんな歳になってしまいました。。。。。。。 みんな、がんばれ~!!!!

     

    バーン!!!!!!!!!!!

     

     

SOCIAL NETWORK

SUPPORTED BY

FRIENDS

UP