MEMBER BLOG

ザ・ビートルズ ライヴ・アット・ザ・ハリウッド・ボウルを聴いて

beatles

 

こんにちわ!大舞台を前に、スイッチャーが壊れてしまい、なおかつ資産125億円を使い果たしてしまったマスタービーツのチャーリーシーンです。

 

2016年9月9日世界同時発売された、ビートルズ唯一のライブアルバム、「ザ・ビートルズ: ライヴ・アット・ザ・ハリウッド・ボウル(The Beatles at the Hollywood Bowl)」を本日聴いてみました!

 

2016年9月9日世界同時発売!と言っても、1977年に発売された、アナログ盤(邦題:ザ・ビートルズ・スーパー・ライヴ!)のデジタルリマスター・リミックス版。

 

リマスター・リミックスを担当したのは、ザ・ビートルズのプロデューサーだったジョージ・マーティンの息子、ジャイルズ・マーティン。ビートルズの子息はまだ分かりますが、関係者の子息まで仕事になるという、、、恐るべしビートルズビジネス!w

 

img_1_m

 

1977年に発売された当時のジャケットはこれ。

 

今回のジャケットは、これまた2016年9月22日に公開される、ザ・ビートルズのライブドキュメント映画「EIGHT DAYS A WEEK The Touring Years」のタイアップ(広告)ジャケットになっているという、ちょっと「ん??」という感じがしました。まぁ、もともと、映画に合わせてのリリースだったので仕方がないですが、個人的には、1977年のジャケットデザインで発売してほしかったなぁー。。。

 

で、重要なのは、中身!!

 

収録曲は、

 

1 Twist & Shout / ツイスト・アンド・シャウト(1965年8月30日)

2 She’s A Woman / シーズ・ア・ウーマン(1965年8月30日)

3 Dizzy Miss Lizzy / ディジー・ミス・リジー(1965年8月30日/1965年8月29日——1曲にエディット)

4 Ticket To Ride / 涙の乗車券(ティケット・トゥ・ライド)(1965年8月29日)

5 Can’t Buy Me Love / キャント・バイ・ミー・ラヴ(1965年8月30日)

6 Things We Said Today / 今日の誓い(1964年8月23日)

7 Roll Over Beethoven / ロール・オーバー・ベートーヴェン(1964年8月23日)

8 Boys / ボーイズ(1964年8月23日)

9 A Hard Day’s Night / ア・ハード・デイズ・ナイト(1965年8月30日)

10 Help! / ヘルプ!(1965年8月29日)

11 All My Loving / オール・マイ・ラヴィング(1964年8月23日)

12 She Loves You / シー・ラヴズ・ユー(1964年8月23日)

13 Long Tall Sally / ロング・トール・サリー(1964年8月23日) 

14 You Can’t Do That / ユー・キャント・ドゥ・ザット(1964年8月23日——未発表)

15 I Want To Hold Your Hand / 抱きしめたい(1964年8月23日——未発表)

16 Everybody’s Trying To Be My Baby / みんないい娘(1965年8月30日——未発表)

17 Baby’s In Black / ベイビーズ・イン・ブラック(1965年8月30日——未発表)

【引用】http://www.universal-music.co.jp/the-beatles/news/2016/07/20_release/

 

 

サウンドは、もちろん「クリア」になっているのですが、すぐに分かるのが、「ドラムの音がデカイ!」。

 

プロデューサーがジャイルズ・マーティンになってからのもっとも特徴的なところですね。リンゴに賄賂をもらっているのか??と思うほどw 彼はドラムを強調しますね。

 

ライブアルバム的には、そこは「良し!」なのですが、残念なのが、ジョン・レノンのギターの音が極端に小さい。。。。。。。

 

ハリウッドボウルでのライブのブート音源を聴くと、ジョンのリッケンバッカー325ギターが「ギャンギャン!」鳴っているのですが、だいぶ小さくされてしまっています。恐らくですが、この辺りは、「アルバム版」のサウンドに寄せられたのかな?と思います。ジョン・レノン役の私としては、ちょっと残念なところです。

 

この現象は、ライブハウスでもよくあるんですよねー。。。。PAさんがどうしても「アルバム版」しか知らないので、音をそっちに寄せてしまうというか。。。まぁ、私もビートルズのライブを「生」で見たことは無いのですが。。。

 

そりゃ、そうですよね。ザ・ビートルズの公式ライブアルバムは、これしか出てないんですからね。。。。いくら「ビートルズ好き」でも一般の人は、そこまで追っかけないですよねww

 

今回の映画と、ライブアルバムのプロジェクトは、そんな人達に、「ザ・ビートルズはライブバンドだった!」という事実を認識させる為のプロジェクトだと思っています。

 

特に日本人は、「日本公演」のライブしか見たことが無い人が多いので、「ビートルズは演奏が下手。」というイメージがあるので、いい機会だと思いますねー。(まぁ、たしかにあれだけを見ると。。。)

 

結論!!!!ライブアルバムはやはり「臨場感」だと思います。「クリアな音」と、「臨場感」というのは別物という事です。

 

あくまでも個人的な感想ですが、こっちの方がいいです。

 

※スマホでは見れないかもしれません。

 

聴き比べると、今回のアルバムは、「軽い」感じがしますね。感じ方は人それぞれですが、ライブアルバムなんだから、「ヘビー」にして欲しかったなぁ。。。。。。。

 

ちなみに、1977年のアルバム発売は、「曲のテンポが速い。」という理由でポール・マッカートニーは、発売しないで欲しいと言っていたらしいです。ポール曰く「テンポが違うと、別の曲。」と。深いですが、演者としてはちょっと分かります。

 

いろいろと偉そうに感想を述べましたが、、、、、このアルバムでもライブの臨場感は十分出てますよ!!ザ・ビートルズのライブ音源を聴いたことが無い人は、体感してみては???(感想が二転三転してますがw)

 

後は、映画「EIGHT DAYS A WEEK The Touring Years」に期待します!!!!!!!!!!

 

バーン!!!!!!!!!

 

※あくまでも個人的な感想です。

 

 

 

 

 

 

 

0

SOCIAL NETWORK

SUPPORTED BY

FRIENDS

UP