MEMBER BLOG

新兵器!!ELECTRO-HARMONIX MEL9!!(ビートルズエフェクター)

mel9

 

こんにちわ!豊洲問題が忙しく、まだビートルズの映画に行けていない、マスタービーツの小池百合子です。

 

さて、本日のお題は、「ザ・ビートルズを演奏する時のエフェクター紹介」シリーズのパート3です。

 

過去記事>>

【2016年度版 ザ・ビートルズを演奏する時のエフェクター紹介。】

 

買っちゃいました!!!

 

mel9

ELECTRO-HARMONIX MEL9 Tape Replay Machine。

 

このエフェクター、ビートルズ(特にジョンレノン)が使っていた、シンセサイザーの元祖とも言える、「メロトロン」をフューチャーしたものです。

 

 

 

そう!「ストロベリーフィールズフォーエバー」に使われた「アノ音」です。

 

ELECTRO-HARMONIX MEL9 Tape Replay Machine では、本物のメロトロンと同じ音色が出るんです。

 

ちなみに、「ストロベリーフィールズフォーエバー」は、「フルート」の音色。

 

他にも、オーケストラ、チェロ、ストリングス、クラリネット、、、、、いろいろな音がギターで出せちゃうんです!

 

ザ・マスタービーツは、「4人での演奏」にこだわってるんですが、後期のナンバーになってくると、やはり音数が足りなくなるんですよ。

 

&、、、、ジョン、ポールは、鍵盤が弾けないという。。。。そこで活躍するのが、エレハモのエフェクターなんですねー!!このエフェクターの前は、オルガン系の音が出る、C9 Organ Machine  というものを買って、ビートリーなオルガンサウンドもギターで出せるようになりました。

 

ということで、早速デモを撮ってみました。※ヘタクソですww

 

まずは、クラリネットの音色を使った、When I’m Sixty-Four。

 

 

 

そして、C9 Organ Machine と、 MEL9 Tape Replay Machine を組み合わせた、Here Come The Sun。

 

 

演奏は、かなりしょっぱいwですが、雰囲気は出てますねー!!!!

 

これを使って、ナンバーを増やしていきますのでご期待ください!!!

 

最後に、MEL9 Tape Replay Machine のストリングスを使った、”A Day In The Life”です。

 

 

ELECTRO-HARMONIXさん、ありがとう!!!

 

バーン!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

 

 

0

SOCIAL NETWORK

SUPPORTED BY

FRIENDS

UP