MEMBER BLOG

「5人目のビートルズ」ジョージ・マーティン逝く。。。。。。。。

こんにちわ。ドーピングで陽性反応が出てしまったキャバーンビーツのシャラポワです。

 

ジョージマーティン

 

2016年3月9日、「5人目のビートルズ」、ビートルズのプロデューサーだったジョージ・マーティン氏が亡くなりました。。。。

 

悲しいですが、90歳という大往生。

 

彼がいなければ、みんなが魅了される「ビートルズサウンド」は無かったことでしょう。

 

ビートルズの要求のほとんどを聞き入れ、いろいろなテクニックを教え、「5人目のビートルズ」というよりも、「ビートルズの父」といってもいい存在だったと思います。

 

martin

 

ビートルズのプロデューサーになる前は、クラシックミュージックのサウンドプロデューサーだったこともあり、オーケストラや、ピアノソロ等を導入したのもジョージ・マーティンだったという話があります。ちなみに、名曲「イン・マイ・ライフ」のピアノソロもジョージ・マーティンによる演奏です。

 

 

クラシック出身だったので、ビートルズの最初のレコーディングでは、ロックの「ノリ」が分からず、リンゴ・スターのドラムの「タメ」が理解できず、スタジオミュージシャンに叩かせてレコーディングしたという。。。後になってリンゴには謝罪したらしいです。w

 

20160309

 

ビートルズのデビューから約8年間、ビートルズと一緒にいろいろな試みを実行し、レコーディング技術を飛躍させ、彼らのわがままを聞いて、当時のアビーロードスタジオの営業時間まで変えてしまった男なのです。(当時、夜のレコーディングはできなかったんです。)

 

beatles

 

ビートルズ解散後も、個々のメンバーとは親交を続けて、ソロになったメンバーのプロデュースも行いました。

 

saysaysay

 

天国があるかどうかは分かりませんが、あるのであれば、ジョンとジョージとまたレコーディングしてください!

 

ジョンとジョージのデュオ。。。。天国でも喧嘩分かれしそうですが。。。w

 

ご冥福をお祈りいたします。

 

 

 

 

SOCIAL NETWORK

SUPPORTED BY

FRIENDS

UP