MEMBER BLOG

進路指導

shinro

 

こんにちわ。ネットTVでキャスターをすることになったキャバーンビーツのみのもんたです。

 

今日は、「進路指導」について思うことが。

 

先日、誤った万引きの履歴で、希望の学校に受験できずに自殺するという事件が起きました。。。

 

この事件を知って思ったのが、そもそもの話、学校の先生に「進路指導」ができるのか??ということです。

 

もし、生徒が「ミュージシャンになりたい。」と言ってきた場合、学校の先生は「ミュージシャンになる」ということがどうゆうことなのか分かっているのでしょうか??

 

学校の先生ができる「進路指導」は、「学校の先生になりたい。」という生徒だけなんじゃないですかね??

 

そもそも、ほとんどの先生って、「学校の先生」の仕事しか知らないでしょ??

 

学校の先生もいわゆる「サラリーマン」なので、進路指導をさせている大本(教育委員会??文部科学省??)に問題があるのでは。。。。

 

生徒に「希望の進路」を書かせて、その業種のプロの話を聞かせたほうがいいんじゃないですかね??

 

知ったかぶりに人生を左右されるなんて子供達は可哀そうじゃないですか?? 学校の先生といっても、「人生の先生」ではないわけですし。

 

先生も分からないことは「分からない。」でいいんじゃないでしょうか??そこは分かる人に任せるのも生徒の為だと思います。

 

ちなみに、僕は、高校時代、先生に「スパゲッティー屋になりたい。」と言ったら、「飲食は大変ぞ。」と言われました。今思えば、仕事ってすべて「大変」な訳で、その先生も、飲食店なんかしたことなかった訳で。。。

 

あの時、先生が、「スパゲッティー屋は素晴らしいぞ!」って言っていたら、今ごろスパゲティー屋になってたかもww

 

まぁ、結局は自分次第なんですが、子供の頃の大人の意見って結構大きなものなんですよね。

 

今回の事件はこの辺りの自覚が先生達に足りなかったんじゃないかな。。。

 

結論、自分の未来は自分で切り開くしかないのかな。。。金八先生はどう思います??

 

バーン!

 

 

SOCIAL NETWORK

SUPPORTED BY

FRIENDS

UP