MEMBER BLOG

ビートルズは聴くもの・観るもの

uzaki

 

こんにちわ!マスタービーツの「泣き虫愛ちゃん」こと、福原愛です。

 

本日は、よく見ているブログで、宇崎竜童さんが『ライヴ・アット・ザ・ハリウッド・ボウル』の発売記念イベントでのコメントが掲載されていました。そのコメントとは、、、

 

ビートルズは神。自分(宇崎)の作品はビートルズ的ではないから影響を受けていないと思われがちだがビートルズを最初から聞いて2ndアルバムあたりで「これはコピーしてもダメだ」と思った。アメリカの音楽(とくにフォーク)はコード進行を参考にすれば自分の曲が作れた。ビートルズはそれができない。できたとしてもまったく面白いものにならない。ビートルズの曲を他人(自分含む)が演奏してもそれを聞いてもまったく価値が無いと感じる(コピーバンドの存在に理解は示しつつも)。ビートルズの曲に手をつけても決して良いものにならない。ビートルズは聴くもの・観るものだと思った。

【引用】http://blog.kouchu.info/2016/09/MeetTheBeatlesLive.html

 

宇崎さん、、、、、正にその通り!!!!!!!!

 

僕もそう思いながら、カバーバンドをやってます。

 

ただ、僕らは、ザ・ビートルズに触れる機会があまりない若者が、僕らのライブを見て、「ザ・ビートルズを知ってもらう」という活動だと思ってやっています。

 

たまに、ライブ終了後、若い子が、「あの曲ってビートルズのどのアルバムに入ってます??」とか聞かれることがあるんですが、その時はちょっと達成感があるんです。 ちなみに、聞かれるアルバムはほとんど「リボルバー」ですw

 

しかしながら、宇崎さんのコメントは「流石!」です!

 

「ビートルズは聴くもの・観るもの」

 

バーン!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

 

0

SOCIAL NETWORK

SUPPORTED BY

FRIENDS

UP