MEMBER BLOG

  • THE BEATLES “Tomorrow Never Knows”

    こんばんわ!! TPPの交渉に難航している、キャバーンビーツの甘利です。

     

    本日は、”Tomorrow Never Knows”(トゥモロー・ネバー・ノウズ)について。

     

    この曲は、アルバム、REVOLVERの最後に収録された、サイケデリックなナンバーです。

     

    実は、REVOLVERのレコーディングでは、一番最初に収録されてるんですねー。余談ですが、1966年の日本公演は、このREVOLVERのレコーディングを完了した直後に行われたんです。あのセットリストをライブで演奏していたときには、もうこの曲はレコーディングされてたんですね~!

     

    ジョンレノンがポールマッカートニーにこの曲を紹介した時、ジョンレノンは、ずーっと「Cコード」だけを弾いて、それを聞いたポールマッカートニーは、仰天したとか。。。

     

    セッションでは、まずベースとなるリズムトラックをレコーディングして、そこに、あの印象的な「カモメの声」(実はギターサウンドを早回しした音)や、いろいろな音を録音したテープ(ジョンレノンは、16種類と言ってますが、これはオーバーをランダムで再生したという、再現不可能な曲なんです。

     

    アルバムに収録されたのは、テイク3のリズムトラック。The Beatles Anthology 2に収録されているのは、テイク1なのですが、演奏スピードや、ボーカル等のいろいろな問題で、リズムだけのシンプルなテイク3に音を重ねていくことになったようです。

     

     

    テイク1で、かなりの完成度ですね。

     

    テイク3にオーバーダビングされるテープループ。これ、ほとんどの人が、「ジョンっぽい。」という印象を持っていると思うのですが、違うんですねー。。。

     

    実は、テープループは、ポールマッカートニーが趣味でやっていた、いわゆる音遊びなんです。

     

    これに感化されたジョンレノンは、後に、ホワイトアルバムで、Revolution 9 を作ることになります。ジョンレノンは自分でも語っていますが、「影響されやすい」タイプですね。

     

    逆回転のギターソロは、RAINのボーカルで使った手法を「今度は、ギターで!」って感じですね。

     

    テープループもかなり印象的なのですが、一番印象的なのは、ジョンレノンのボーカルじゃないでしょうか??

     

    中盤、ジョンのボーカルになんとも言えないエフェクトが掛かるのですが、これは、ジョンレノンが、「ダライ・ラマが山の上から説法している様な声にしたい」と言いだして、ボーカルをハモンドオルガン用のレズリースピーカー(ロータリースピーカー)に通して、あの独特のボーカルサウンドにしたんです。後に、アルバム:Abbey Roadでは、ギターも接続して、独特のギターサウンドも出しています。

     

    ジョンレノンは、ずーっと自分のボーカル(声質)を嫌っており、なんとかして声質を変えられないかと悩んでいたんです。

     

    ソロになってからは、いろいろなボーカルエフェクトをかけるのですが、ザ・ビートルズ時代は、寝っ転がって歌ったり、わざと声を枯らせてレコーディングしたり。。と試行錯誤していたようです。

     

    で、この”Tomorrow Never Knows”のボーカルは、この体勢で歌ったとされています。

     

    6255533445_c19d49ecc4_o

     

    。。。。。。。。。それでも駄目だったようですね。。。ww

     

    いやー、天才ってこんな感じなんですよねー。まぁ、やるか、やらないかの差なんですが。。。。。

     

    曲名ですが、リズムトラックをレコーディングしているときは、「Mark I」という仮題だったのですが、またまた出ました!リンゴスターが発した、「Tomorrow Never Knows」という一言で曲名が決まったとのこと。

     

    リンゴの発言は、これまでにも、「A Hard Day’s Night」や、「Eight Days A Week」という曲名になっています。これもまた面白いお話ですね。

     

    リンゴといえば、ドラムには、バスドラの中にビートルズが使っていた昔のライブ衣装を詰め込んでマイクで録ってレコーディングしたとの記録があります。

     

    この手法は、今では、「当たり前」の事(テープループも)ですが、1966年にこんなレコーディングをしていたとは。。。。ザ・ビートルズ、恐るべし!

     

    ということで、本日は、THE BEATLES “Tomorrow Never Knows” のお話でした。

     

    これを読んだ後に聞く、”Tomorrow Never Knows” はもっと面白く聴けるかも!??

     

    バーン!!!!!!!!!!!

     

  • ザ・ビートルズとハーモニカ

    こんにちわ。テレビで愛車のBMWを破壊して怒られてしまった、キャバーンビーツの吉村崇です。

     

    ザ・ビートルズといえば、バンドとして、ギター、ベース、ドラムを使うのは当たり前ですが、その他の楽器としてよく使われているのが、ピアノ、、、、そして、ハーモニカ(ジョンレノンは、ハープと呼んでいました。)です。

     

    LittleRichard_78229_PR

     

    ピアノを使うのは、ロックンローラー、リトル・リチャード(Little Richard)の影響がかなり強いというのは、周知の事実ですが、、、、

     

    ハーモニカで、ジョンレノンが影響を受けた人物は、実はこの人。。。。。。

     

    20100307155403

     

    トゥーツ・シールマンス という、ベルギー出身のジャズ・ハーモニカ奏者なんですねー。

     

    本名は、ジャン=バティスト・フレデリク・イジドール・”トゥーツ”・シールマンス(Jean-Baptiste Frédéric Isidore “Toots” Thielemans)。。。長い。。w

     

    ザ・ビートルズがデビュー前の「ハンブルグ修行時代」に、トゥーツ・シールマンスを見て、メンバーの中でもジョンレノンが「ワォ!!!!!!」となったのです。

     

    トゥーツ・シールマンスの画像を見てもらうと分かると思うのですが、この人のトレードマークは、ハーモニカと、リッケンバッカーのショートスケールモデル。

     

    ジョンレノンは、ハーモニカだけでなく、ギターまで影響されちゃったんですねー。ジョンレノンが購入した、リッケンバッカー325モデルは、もともとのカラーはナチュラルだったのですが、これもまた、トゥーツ・シールマンスに影響されて、黒に塗り替えたという話もあります。

     

    maxresdefault

    ※ギターのポジションまで一緒ですね。

     

    よく、ハーモニカは、ボブ・ディラン(Bob Dylan)の影響という認識が多いのですが、実はこの人なんですよー。

     

    ちなみに、ジョンレノンが主に使っていたハーモニカはこれ。

     

    harmonica-banner_01

     

    BluesHarp-15

     

    HOHNER社のBlues Harp(ブルース・ハープ)。商品名がブルース・ハープなので、ジョンレノンは、「ハープ」と呼んでいたのでしょうか。。

     

    小学校の時に使っていたハーモニカと、サイズがかなり違います。10穴しかなく、かなり小ぶりです。出せる音域が狭いので、コード別で売っています。

     

    そして、、、、「ラヴ・ミー・ドゥ」(”Love Me Do”)で使われた、、、、、

     

    chromatic-amadeus-ad

     

    クロマチック・ハーモニカ。

     

    レバーを使うと、半音を上げれるという優れもの。1本のハーモニカで「ラヴ・ミー・ドゥ」(”Love Me Do”)を演奏する場合、これが必要になりますね。。

     

     

    我ら、キャバーンビーツは情けないことに、ジョージハリスン役のジョン・ジョージ・中尾がギター以外にピアノが弾けるのですが、他のメンバーは、自分のパート以外の楽器は、まったく弾けません。。。

     

    大抵のザ・ビートルズバンドは、ジョン役、ポール役も、ピアノ系は弾けるんですけど。。。

     

    ということで、私、ジョン・ラモ―ン・入江は、ハーモニカにチャレンジいたします!!!

     

    IMG_1797

     

    ジャーン!!!!ハーモニカホルダー!!!!!!!買っちゃいました!!!!

     

    ですが、、、まだハーモニカがありませんwwwwwwww 近日届く予定です。

     

    これで、アイム・ア・ルーザー (”I’m A Loser”)がんばります!!!!!!!!(とりあえず、この曲で。)

     

    以上!!! バーン!!!!!!!

     

  • 再会 その2

    • 2015.07.21

    前回の東京1日目ブログからだいぶ日にちが空いてしまいました。。。

     

    フリーダです。

     

    東京の旅 1日目はパロッツのライブを堪能し、2日目。

     

    新宿のネットカフェから1日が始まり、

     

    上野駅前でカレーを食べ、

     

    アメ横を散策し、秋葉原でメイドさんたちと戯れ、

     

    お茶の水で楽器屋ハシゴしーの、下北沢ですし喰らい、

     

    そして。。。

     

     

     

    下北沢BREATHでブルーマーガレットと再会!

     

    ここまでだいぶ端折りましたが、東京観光もなかなか満喫しましたよ!

     

     

    あれやらこれやら。色々と。

     

     

    2日のメインはやっぱりThe BlueMargarete(ブルーマーガレット)のライブです。

     

     

    ライブハウスにはオープンちょい前に着いたんですが、

     

    すでにお客さんが並んで列を作っている。。。!!!

     

    ということで、オープンと同時に店内は満席になりました。

     

     

    オープニングアクトは、ひとりQUEENのTeaさん。

     

    ギター一本でQUEENって。。。めっちゃうまい。

     

    本編始まる前から大盛り上がり!

     

    また聴きたいなぁ。

     

     

    そしてブルーマーガレット登場!

     

    1Stステージはアルバム「FOR SALE」を曲順そのままの全曲網羅していまいた。

     

    今回のこのライブイベントに合わせて、新曲9曲練習されたそうですが、

     

    どの曲もカッコよかったです!

     

    私個人的にも好きなアルバムなので、テンション上がりました。

     

     

    ジョン・ラモーン・入江は

     

    「Rock & Roll Music」の歌詞を間違わずに歌い切った

     

    ジョンパートのさむさんを見て、感動し、

     

    涙を流しておりましたw

     

    同じジョンパートとして思うところがあるんでしょうね。。。

     

     

    次のステージではビートルズトリビュートバンド「HUKUSUKE」

     

    サージェントの衣装をバッチリそろえ、キーボードが入った5人編成。

     

    見た目そのままに、中期を中心に。

     

     

    そして再びブルーマーガレット。

     

    このステージは若干短めでしたが、初期のナンバーでノリノリ♪

     

    やっぱりビートルズっぽいんですよね。音が。

     

    あと、女性バンドなのに、佇まいもビートルズっぽい。

     

    男だろうが、女だろうが、関係ないんですね。

     

    素晴らしいバンドです。改めて思いました。

     

    アンコールは出演者全員で「Twist and Shout」

     

    大盛況の中終演。

     

    その後、メンバーのみなさんと少しお話しすることもできたし。

     

    いつか一緒にイベント出来たらなーなんて。思ったりして。

     

    8月にLiverpoolで行われるビートルズのライブイベントに出られるそうで!

     

    すごい!!

     

     

    みなさんのカッコよさを存分に見せつけてきてください!

     

    遠くから応援しとります!

     

    IMG_1067

     

    そしてその日の夜は、六本木のバーガーショップで酔っぱらいが3人出来上がりましたw

     

     

     

     

    とにかく歩いた東京の旅。

     

    その後数日間は、これまでの運動不足がたたり、

     

    筋肉痛+股関節の痛みと戦いつつ、現実世界に戻る羽目になりましたw

     

    でもとにかく楽しい旅でした。

     

     

    ライブっていいですね~ しみじみ。。。

     

     

    次回のキャバーンビーツのライブは

    7月24日(金)@CavernBeat です!

    詳細はコチラ↓

    http://www.cavernbeats.com/news-cat/news-event/

     

    皆様のお越しをお待ちしておりまーす♪

  • 天草。

    sIMG_0979

    旅行だ旅行だやっほいほい。

     

    疲れた疲れたやっほほほいのほい。

  • 音楽で食っていこうとしている若者達へ。

    こんにちわ。くりぃーむしちゅー有田との結婚をまたまた否定した、キャバーンビーツのローラです。

     

    最近、ライブ活動で、よく20代の若者ミュージシャンに出会うのですが、そんな彼らに一言。

     

     

    「楽器はいいから、歌いなさい。」

     

    以上。

     

    バーン!!!!!!!!!!!!!

     

     

     

SOCIAL NETWORK

SUPPORTED BY

FRIENDS

UP